コンテンツにスキップするには Enter キーを押してください

市川南小学校 Posts

さつまいもの苗植え

  • 市川南小中学校には、地域学校協働本部が設置されています。この協働本部は、地域と学校が連携・協働して、地域全体で未来を担う子供達を支えていく活動を推進しています。今回の苗植えについても、協働本部のコーディネーターさんや農業ボランティアさん(開田組合)に、畑を耕していただいたり、マルチを貼っていただいたりと、さつまいも栽培に向けて、様々な準備をしていただきました。
  • 苗植えでは、農務事務所の方に、この地域の農業のことや苗の植え方などについて、説明していただいた後、みんなで苗植えを行いました。1年生も、しっかり、説明通り苗を斜めにして植えていました。秋にたくさんのサツマイモができるといいですね。収穫が楽しみです。
コメントする

みさと学(2年生の町探検④)

  • 2年生の町探検も、4回目となりました。2年生が毎回楽しみにしていた町探検も、今回が、最後の探検となってしまいました。
  • 今回は、下大鳥居地区・大木地区・入地区をスクールバスを使って巡りました。これで、南小学区の端から端まで探検したことになります。
  • 今回はバスでの移動だったので、高台にある御崎神社から地域の様子を眺めたり、大木地区の元南小分校を見学したり、割石トンネルを通り抜けたりと、大変、内容の濃い探検となりました。
  • 「〇〇さんは、こんな遠くから学校に来ているんだね」「ここは、お父さんと来たことがあるよ」「こんな近くに富士川が流れているんだね」などなど、色々なつぶやきが聞こえてきました。子供達それぞれ、たくさんの気づきができたようです。
コメントする

避難訓練・引き渡し訓練

 

  • 避難訓練・引き渡し訓練が行われました。
  • 今回の避難訓練は、地震の揺れを感じた直後の初動対応(身の安全の確保)の訓練でした。子供達には、日頃から、地震が起きた時は、物が、落ちてこない・倒れてこない・動いてこない 場所で、頭や体を守って、揺れがおさまるまで待つように指導をしています。
  • 訓練の際、各クラスの様子を見て回りましたが、どの学年の子供達もみんな真剣に行動し、机の下に入って、頭や体を守ることができていました。最近、大きな地震が日本各地で発生しています。子供達が一人でいる場面で発生することも予想されます。自分の命は自分で守ることができるよう、繰り返し指導をしていきたいと思います。
  • 避難訓練後、小中合同の引き渡し訓練を行いました。雨の中でしたが、訓練にご協力いただきましてありがとうございました。市川南小中学校では、震度5弱以上の地震が発生した場合、学校からの連絡がなくても、児童の引き渡しを開始いたします。その際は、お子様の引き取りをお願いいたします。
コメントする

林間学校に行ってきました

 

  • 林間学校(1泊2日)が行われました。4・5年生の子供達は、鰍沢口駅から、身延線、中央線、小海線の電車を乗り継いで、八ヶ岳少年自然の家まで行きました。この2日間はとてもいい天気で、清里の自然の中で、思う存分活動することができ、楽しい林間学校となりました。
  • 自然の家の広大な敷地内で仲間と助け合いながらアスレチックに挑戦する『冒険ハイク』、懐中電灯1つで真っ暗な森の中を探検する『ナイト追跡』、自然の家や美し森周辺を地図を見ながら歩く『美し森絵図ハイク』など、様々な活動を友達と楽しく行うことができました。
  • 困っている友達を助けたり、みんなで協力し合ったりと、子供達の素敵な姿がたくさん見られた2日間となりました。

 

コメントする

安全へのご協力ありがとうございます

  • 現在、春の全国交通安全運動が実施されています。本校は、交通安全運動に関係なく、年間を通して、地域の方のご協力で、登下校の見守りを行っていただいております。おかげさまで、子供達は、安全に登下校を行うことができています。ありがとうございます。          ※もし、地域の方で、登下校の見守り活動にご協力をいただける方がいらっしゃいましたら、学校までご連絡をお願いいたします。055-272-1508
  • 先日、通学路の危険箇所について、児童のご家庭からご指摘がありました。さっそく斉藤町議様や地元安協の遠藤様が対応していただき、その日のうちに、危険個所に、表示をつけていただくことができました。『地域で、地域の子供達を守っていこう』という強い気持ちが伝わってきました。
  • PTA執行部会の折に、PTA会長様から「通学路となっている旧道(ホテルニューオオギ前の道路)は、スピードを出して走る車が多く、とても危険」というご指摘がありました。そして、危険な車を暴走させないための方策として「小中の保護者が、いつも旧道を車で走る際、速度を意識的に落として慎重に走れば、暴走車を抑止できるのではないか」とのアイデアも示していただきました。確かに、他の地域から入って来る車に『この道はゆっくり走る道路だ』とアピールできれば、暴走車が減っていくかもしれませんね。ぜひ、ご協力をお願いいたします。
コメントする

みさと学(2年生の町探検③)

  • 2年生の町探検も、3回目となりました。今回は、山王地区、鰍沢口駅方面の探検でした。探検の目的地は、山王神社、山王に住んでいる子供達の家、鰍沢口駅でした。
  • 目的の場所で、しっかり見学をしましたが、それ以外にも、旧市川南小学校のプールを視たり、国語の「たんぽぽのちえ」で学習した茎の長いタンポポを見つけたりしました。
  • とても暑い日で、途中、少し疲れてきた子供達でしたが、遠藤理容店さんの前を通った時、お店から声をかけていただき、中で休憩をさせていただきました。理容店さんでパワーをもらって子供達は、再び元気いっぱいになりました。また、畑の前を通った時、畑で働いていた方から「今、ハクビシンが飛び出していったから気をつけるように」と教えていただくこともありました。
  • 地域のことだけでなく、地域の方々の温かさも知ることができた町探検でした。
コメントする

すずかけお話の会

  • 今年度も、6名のボランティアさんのご協力により、『すずかけお話の会』を、スタートすることができました。5月から始まり、月1回のペースで計9回、読み聞かせをしていただく予定です。この『すずかけお話の会』は、活動が始まって、今年で、なんと20年目となるそうです。歴史のある活動ですね。
  • 先日、今年1回目のお話の会が行われました。各教室で、ボランティアさんが、その学年に合った本や季節に合った本などを選んで読んでくださいました。子供達は、新しいことを知ったり、想像を広げたりしながら、本の楽しさに触れることができました。
  • 読み聞かせが終了した後、ボランティアのみなさんは、図書室に集まり、読んだ本の紹介や子供達の反応などを出し合っていました。この学習会は、毎回、今後の読み聞かせに活かすよう行っているそうです。
コメントする

5月の全校集会

  • 全校集会の中で、保健委員会による『手洗いについて』の発表が行われました。○×クイズを行ったり、給食前に放送している『あわあわ手あらいのうた』の洗い方の確認をしたりしてくれました。正しい手洗いの仕方について、全校で楽しく学ぶことができました。
  • 『あわあわ手あらいのうた』の歌の中には、お願いのポーズ(手の平を洗う)、カメさんのポーズ(手の甲を洗う)、お山のポーズ(指と指の間を洗う)など6つのポーズが出てきます。歌に合わせて、6つの洗い方をすると、手がしっかり洗うことができます。この曲のおかげで、本校の子供達は、正しく丁寧に手洗いできる子が多いです。
  • 新型コロナウイルスが第5類に移行したわけですが、『これからも、一人ひとりが、手洗い、咳エチケット、自分の体調チェックをしっかり行っていこう』と、みんなで確認し合いました。
コメントする

5月の校庭

  • 気持ちのよい季節となりました。山々の緑は輝き、校庭には、さわやかな風が吹いています。
  • 休み時間になると、多くの子供達が校庭に出て、学年関係なく、みんなで一緒に遊んでいます。上級生が下級生の面倒をよくみていて、みんなで仲よく楽しく遊べるように、がんばってくれています。上級生のそんな姿を見ていつも感心しています。

 

コメントする

地域の行事 紹介『親子 魚のつかみ取り大会』

  • 5月3日、魚のつかみ取り大会が行われました。この行事は、40年以上前から行われている歴史のある行事だそうです。小学校の保護者のみなさんの中には、子供の頃、参加されて、たくさん魚を取った方もいらっしゃるのではないでしょうか。ここ3年間は、コロナ禍のため大会は中止となってしまい、今回は、待ちに待った4年ぶりの開催だったそうです。
  • 会場になった学校前の新川の河原には、いけすが造られ、約1000匹のニジマスが放流されていました。開始時刻の前から大勢の子供達や保護者のみなさんで、会場はいっぱいになり、この日の参加人数は200人を超えたそうです。本校からもたくさんの子供たちが参加し、みんな夢中になって、全身びしょ濡れで、魚を捕まえようと頑張っていました。後半から、保護者の方もつかみ取りに参加できるのですが、とても上手で、感心してしまいました。良い天気に恵まれたこの魚のつかみ取り大会は、参加者も、観客も、みんな笑顔になる、素晴らしい行事でした。
コメントする