コンテンツにスキップするには Enter キーを押してください

卒業証書を自分の手で漉きしました

6年生が市川大門にある「豊川製紙」さんに、卒業証書の手漉き作業に行ってきました。

和紙の町と呼ばれる市川三郷町では、町内すべての児童生徒が、自分で漉いた卒業証書を卒業式でもらっています。

手漉きを体験したことのある児童も数名いましたが、多くの児童が初めての体験でした。

はじめに豊川さんに漉き方のお手本を見せてもらった後、13人が一人ずつ自分の証書を漉いていきました。

漉きわくをしっかり握り、傾きに気をつけながら、それぞれが真剣に作業を行いました。

みんな納得のいく証書が漉け、透かしの校章もきれいに見えると、拍手も起こりました。

この後、豊川さんに乾燥作業をしていただき、印刷を経て3月の卒業式で子どもたちに手渡されます。

短い時間でしたが、地元市川三郷町に伝わる伝統を肌で感じた時間となりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です