コンテンツにスキップするには Enter キーを押してください

モリアオガエルの卵

市川南小中学校のプールには、毎年、モリアオガエルが卵を産んでいます。

今年も白い泡状のものが、いくつか見つかりました。

通常は、水辺に張り出した木の枝などに産むようですが、南小中のプールでは、プールを上り下りする階段にありました。

そのままにしておくと、プールそうじの際に流されてしまいます。

そこで4年生が、プールそうじの前にモリアオガエルの卵を水槽に入れて保護しました。

今、その水槽は4年生の教室にあります。

これから、その卵を観察していくそうです。

どのようなオタマジャクシが生まれてくるのでしょう。

オタマジャクシがカエルになったらみんなで自然に返す予定です。

これから観察が楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です