コンテンツにスキップするには Enter キーを押してください

ちょっと難しい民主主義のお話 ~今月の集会の話~

12月の集会でちょっと難しい話をしました。

「みんなのことを、みんなで話し合って決める」こと。これを「民主主義」といいます。

民主主義(「みんなのことを、みんなで話し合って決める」)という考え方の中で、少数者の(人数の少ない)意見を尊重(大切に)して決めること、実はそれが、とても大切なことなのです。

多数決(人数の多さ)ばかりに頼ってしまうと、少数者の(人数の少ない)意見が無視されてしまうことがあります。

もうすでに実行していると思いますが、これからも、みんなのことを、みんなで話し合って決めるときは、少数者の(人数の少ない)意見を尊重(大切に)することを心がけて決めていけたらよいですね。

一方で、話し合った末に、どうしても決めることが難しい場合には、多数決で決めることは大切な方法です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です