コンテンツにスキップするには Enter キーを押してください

恩送り

みんなが幸せになれる方法‼Ⅱ 集会での話Part2

「恩」とは、「恵」「慈しみ」「相手に感謝される行動」のことです。

 相手に良くしてもらった時に、その相手にお返しすることを「恩返し」といいます。 

受けた恩をお返しすることは、もちろん相手のためによいことです。

でも恩返しは、「相手に感謝される行動」が、自分と相手だけで終わってしまします。

「恩返し」も大切ですが、それだけでなく「恩送り」をしてみたらどうでしょうか。

恩送りとは、英語で「ペイ・フォワード」正確には「pay it forward」というそうです。意味は「誰かから受けた恩(めぐみ、いつくしみ)を、直接その人に返すのではなく別の人に送ること」です。

お互い様ではなく、対象である人が誰であろうとも、気がついたときに気がついた人が、親切に対応するということです。

話を大きくしてしまうと、それが校外に広がれば、地域がよくなり、みなさんの家族が楽しく暮らせる環境が整っていくことでしょう。この運動がもっと広がることによって、山梨や日本、さらには世界が平和になることにつながると私は考えています。

【当日の内容だけでなく、一部私見等を付加させていただきました】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です