コンテンツにスキップするには Enter キーを押してください

11月16日は創立記念日

 来る11月16日(月)は、本校の147回目の創立記念日です。私たちの学校の歴史を簡単にまとめました

〔学校の沿革〕

明治 6年11月 学校創立記念日を11月16日とする。

  21年 3月 黒沢学校を黒沢尋常小学校(就業年限4ケ年)と改称する。

  22年     市町村制を敷き、小学校は市町村立となる。豊和・羽鹿島・八之尻

                        三か村一部事務組合を結成し、豊和村外二か村組合立黒沢学校となる。

  26年 4月 初めて校長をおき、開設以来勤務の本荘岩五郎氏就任する。                                   在籍児童数169名(本校100名, 釜田20名,鹿島18名, 八之尻31名)

  43年 4月 高等科を置き、豊和尋常高等小学校と改称する。在籍児童数231名

昭和10年 7月 黒沢609番地へ校舎新築し落成式を行う。在籍児童数575名

  16年 4月 国民学校令が公布され、豊和国民学校と改称する。

  17年 7月 豊和村二か村組合を三か村合併し大同村となる。

         大同村立大同小学校と改称する。

  22年 4月 六三制が実施される。大同国民学校は大同小中学校に分設され,

         大同小学校と改称する。在籍児童数478名

  44年 4月 大同小学校は市川南小学校、釜田分校は南分校と改称する。

         在籍児童 数244名(内分校28名)

  53年 4月 創立百周年記念式典を行う。在籍児童数143名(内分校8名)

  58年 3月 新校舎完成し、竣工式を行う。(市川大門町黒沢宮の尾1420番地)

令和 2年11月 創立147周年を迎える。在籍児童数36名

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です