コンテンツにスキップするには Enter キーを押してください

心からあいさつをしよう!

集会の時にこんな話をしました。

1学期に「レベルの高い普通を目指そう!」という話をしましたね。

市川南小のトイレのスリッパはいつもきれいにそろっています。靴も下駄箱のふちに合わせて、そろえている人が増えてきました。また下校前に遊ぶとき、ランドセルをみんなでそろえて並べている学年も出てきました。少しずつですが着実にレベルの高い普通が意識され、実現されているように思います。

では、「あいさつ」はどうでしょうか?

学校の中ではしっかりあいさつできるけれど、学校の外ではあいさつが苦手な人がいます。あいさつの声が小さかったり、下を向きながらあいさつをしたりしている場面を見ると、せっかくあいさつしているのに、相手にはっきり聞こえないし、誰に言っているのか分からないのは、もったいないと思ってしまいます。

市川南小のみなさんの良さを、地域の人にもっとわかってほしい。

あいさつは、人と人との関係をよくする上で大切なものなので、朝や帰りには、一人の人として心からのあいさつができるといいですね。

心から あいさつしましょう!

という内容です。

 

いつも見守っていただいている保護者の方や地域の方々にはっきりあいさつできるように、あいさつが無理なくできる子だけでなく苦手な子も含めてみんなが、これからますます成長していってくれることを望んでいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です